• English

スキー部

clubs1_thumbclubs2_thumbclubs3_thumbclubs4_thumbclubs5_thumb

** 楽しかった合宿の思い出 **

をいをいっ!何が凄いかって、あなた。いつも”寒いっ、さぁむぅーいっ!”って布団から出られないで、気づくと昼まで寝てしまうのに、この日の朝になるとなぜか朝明るくなる前から起きて用意しちゃってる。暖機運転もままならず出発したアイツも、待ち合わせ場所へ向かう電車を待つホームにたたずんでるあの娘も、眠いし寒いのになぜか気持ち良さを感じる。待ち合わせ場所で仲間に会うと知らず知らずに”ニコッ!”と笑顔がこぼれ”おはよーございまぁーす!”。それがスキー部、年2回のスキー合宿。
もしかして、すべての部の中で一番”旅行らしい”合宿なのかも。さまざまなルートから、思い思いの高速道路を通って、電車や新幹線、バスを使って一つの雪山へ向かう…。携帯で連絡をとりながら自分が一番早く雪山に向かってることに優越感を覚えたり。真っ青な青空と白い雪を想うとワクワクしてしまう!

スキー場に着くとさっそく買ったばかりのウェアに着替えて、おろし立ての板にワックスを塗るのもままならず担いでリフトに乗る。スキーの主流はカービングスキー。今では部員の70%が乗るスノーボード。テレマークスキーも少し増えてきたよね。さまざまなかたちで雪と遊んじゃう。ソリだってスノーモービルだってなんでもあり。初心者でも大丈夫だし大歓迎。スキー部所有のスノーボードがあってレンタルOK。スキーやスノーボードそれぞれにベテランがいるから手取り足取り教えてくれる。たとえばスノーボードは1日で基本はマスターできるよ。そんなだから合宿3日間でそれなりに遊べちゃいます。そしたら数人のグループに分かれて思い思いのシュプールを描く。カービングの遠心力を楽しんだり膝まである深雪の中で浮遊感に浸る…。楽しいっ!ウレシイっ!気持ちいーっ。毎日のイベントがビデオ撮影。自慢の機材での自撮りももちろん流行ってる。自分の滑りを確認するため、夜の宴会のネタになるため、YouTubeにあげるため、恥ずかしかったり見せつけたかったり。みんな一生懸命ビデオカメラに向かって滑り降りる!

夜は夜で大宴会!昼間撮ったビデオを見ながら飲むわ騒ぐわエアロビ踊るわ。昼間滑った疲れも手伝って、酒は飲むわハイテンションになるわ。参加しないと、この凄さと楽しさは味わえませんっ!言葉になんかなりませんっ。これが二晩も続くんだから。。。ふぅ、またまた二日酔い。
2泊3日のスキー合宿。2日目3日目も思い思いに滑ったり、スキー場のレストランでケーキセットを食べまくったり。いつもはちょっとした事で”つかれたぁ”とつぶやく人も楽しさの余りリフトに乗った回数を競ってしまう。クタクタなのにやめられない!あぁ~あ、来週1週間は筋肉痛だね…。
帰り道は最寄りの温泉に向かう人も。3日間の疲れを露天風呂につかりながら、雪を見ながら癒す。冷えた体をジ~ンとしびれさせる温泉はスキー合宿の帰り道の楽しみの一つ。もちろん風呂上りのビールは忘れないよっ。

そんなこんなで週明けの仕事も忘れてしまうほど現実を忘れて楽しめるスキー合宿。君もあなたもスキー部で一緒に楽しんでみようよっ!

PAGETOP
Copyright © 株式会社メタテクノ All Rights Reserved.