[お知らせ]
 2024年2月29日 Neonode社タッチセンサーモジュールの製品販売を終了します
 (タッチセンサーモジュールの発注期限は2024年2月29日までとなります)

無線化対応

従来のUSBやI2C等の有線接続が必要でしたが、BLEモジュールを使用して無線化することで、直接端末とケーブルを接続することなくタッチ操作が行えるようになりました。

Neonodeセンサー評価キット(BLE版)システム構成図

無線化のメリット

メリット①
NeonodeセンサーをUSB端子が1つしかないタブレット等で使用する際、そのUSB端子を充電に利用しているときはNeonodeセンサーの接続ができませんでしたが、BLE対応により充電中でも利用が可能になりました。
メリット②
Neonodeセンサーと接続するPCとの距離が離れているとケーブルの取り回しが面倒であったり、設置自体が困難な場合であっても、無線化することによりこれら課題をクリアすることができます。
メリット③
USB接続で認識しない端末(一部のAndroid端末)でも、BLEであれば利用可能になります。

評価キットの開発(有償)

BLEを用いた無線化をご体験いただくための評価キットを作成いたします。
サイズ、形状等お客様のご要望に合わせてご用意いたしますので、ご要望の際はこちらよりご相談ください。

  • ※BLE対応の評価キットはシングルタッチのみ対応となっております。
  • ※別途センサーの電源用にUSBケーブルで接続する必要があります(モバイルバッテリー等でも可)
Neonodeセンサー評価キット(BLE版)評価キット
Neonodeセンサー評価キット(BLE版)評価キットデモ図