エンジニアリングサービス

デバイスドライバ開発

 

メタテクノでは、WindowsNTの時代から、レーザビームプリンタ用プリンタドライバ開発を手がけており、現在までにプリンタを始め、FAX、デジタルカメラ等多数のデバイス、各種Windowsのバージョンに対応し、デバイスドライバ開発の実績を積んできました。 現在はLinuxを含めより広く、かつ効率化されたデバイスドライバの開発を提供します。

開発実績 備考
【Windows開発例】
プリンタドライバ Windows(windows95以降の全Version)上でのプリンタドライバ作成 (UNIドライバ/モノリシックドライバ) WinSDK/DDK/WDKに精通
UI部分、グラフィックス(GDI/XPS)部分など、全分野対応可能
InstallShield等を使用したドライバのインストーラ作成や付随ツール、WHCKによるFail発生時の対応も可能
レンダリングエンジン、ドライバ内の印刷ベクターデータの量子化モジュール(ラスタライザ)の開発
Faxプリンタドライバ Windows(Win2000以降の全Version)上でのFaxプリンタドライバ作成
Microsoft WORD・EXCELなど、Windowsアプリケーションで作成した文書ファイルを印刷と 同様のオペレーションにより、プリンタ出力感覚でFAX送信文書ファイルへのの変換を行う
ネットワークスキャナードライバ ネットワーク上にあるスキャナーを使用するTWAIN/WIA対応のスキャナドライバ開発
デジタルカメラ用ドライバ デジタルカメラ向けのTWAIN/WIAドライバのミニドライバの開発
TWAIN、WIA(Windows Imaging Acquisition)、STI (Still Image Architecture)を利用
【Linux開発例】
各種PCIデバイス用のドライバ PCIで接続された各種のデバイスを制御するドライバの開発

デバイスドライバ開発に関するお問い合わせ

デバイスドライバ開発に関するお問い合わせについてはこちらをご覧ください。