• English

HotFax プリンタ・ドライバー/自動実行プログラム(HfpAuto)

Windowsアプリケーション作成文書ファイルをFAX送信用ファイルに自動変換

FAXプリンタドライバ自動実行プログラム(HfpAuto)は、お客様がWindowsアプリケーションで作成した各種ファイルを、弊社のFAXプリンタ・ドライバ(HFP)を使用して任意のファイルに出力するプログラムです。

印刷オペレーションを介さずにサーバ上でFAX送信用文書ファイルへ自動変換します。

  • FAX自動送信システム
  • データ処理自動画像変換システム

などへの組込みに最適です。

稼働対象Windowsアプリケーション

対象アプリケーションを下記より指定。アプリケーションのバージョンについては、お問い合せ下さい。

  • Microsoft WORD
  • Microsoft EXCEL
  • Microsoft PowerPoint

処理概要(イメージ図)


Windowsアプリケーションで作成した文書ファイルを入力とし、WORDなどの稼動対象アプリケーションの起動&印刷(プリンタには「HotFax Printer」を指定)を自動的に実行させることでFAX送信用文書ファイルを出力します。

※FAXプリンタ・ドライバは、製品構成に含まれます。
※使用する稼動対象アプリケーションがインストールされていることを前提とします。

起動方法

(例)
C:HfpAuto>HfpAuto D:SAMPLESAMPLE.doc D:OutFiles -R200
<D:SAMPLESAMPLE.doc>ファイルが、A4縦200×200dpiのTIFFファイルとして出力され、
<D:OutFiles>フォルダに保存されます。

制御機能詳細

  • 起動時のオプションパラメータで以下を指定することができます。
    「-R」:印刷時解像度(標準 200×100dpi、ファイン 200×200dpi)
  • プロセス終了コードにより、実行結果を確認することができます。
  • ログ出力機能により、開始・終了・エラー情報等を確認することができます。
  • 動作環境設定で以下の機能を制御することができます。
    ①ログファイル名
    ②終了(印刷処理完了)タイムアウト
    ③出力先ディスクの空き容量チェック

製品仕様

出力ファイル/圧縮形式 TIFF形式MH圧縮 、MMR圧縮
出力用紙サイズ A4 ・ B4 ・ A3
解像度 ファイン(200×200dpi)、ノーマル(200×100dpi)

※ 出力ファイル/圧縮形式・用紙サイズ・解像度等、上記以外の内容については、ご相談下さい。
※ HfpAutoのドライバ・インストールライセンスは1OS/1ドライバです。
※ 本製品は、多重実行はできません。

動作環境

OS Microsoft Windows Server 2008 (32bit)
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2016

価格

ライセンス価格等、お問い合わせ下さい。

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせについてはこちらをご覧ください。

  • HotFaxは株式会社メタテクノの登録商標です。
  • Microsoft、MS、Windows、およびWindows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国、日本および その他の国における登録商標または商標です。
  • その他記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
PAGETOP
Copyright © 株式会社メタテクノ All Rights Reserved.